30歳、年収500万円、広告屋がマンション購入までにした事

東京のそこそこの企業でWEBディレクター、WEB広告代理業、マス広告企画を行っている経験を曲りなりに活かしながら、生かして情報が錯綜する不動産広告やキャンペーン、営業トークに負けじと試行錯誤した記録をつらつら書いていくブログです。

vol.01 マンション購入前との認識や考え方の変化<前編>

f:id:kuroshimaw:20170515200058j:plain

 

みなさんもこれまで生きてきた中で、

何となく形成されてきた持ち家を持つことに対しての、

考えや印象などがあるかと思います。

 

今回は、私がマンションを探し始める前に抱いていた、

認識の変化や考え方の変化のお話をしたいと思います。

 

◼︎当初の認識と理想

01.家は2000万くらいで買えるでしょ。最低80平米は欲しいな♩

02.賃貸を貸してくれた、アパマンショップとかエイブルとかに行けば探せるよね。

03.タワーマンションや設備が充実してるマンションは維持費が高いので避けよう。

04.管理費、修繕費、駐車場費が安い物件が絶対得

05.新築マンションは初期日が安いのでコスパが良い、売るときも築浅の方が売れやすいはず!

06.戸数が多いマンションはコミニティが面倒くさそうだし、修繕費も高そうなので避けよう

07.自分なら中古で他の人が見逃している、掘り出し物の物件を見つけられるかも!

08.自分なら妥協できるポイントがあり、それが原因で売れていない物件は買い!!

09.マンションは狭いし戸建てなら土地も残るから値段が同じなら、コスパは戸建ての方が良いはず

10.山手線の中側はさすがに無理かな~

 

恥ずかしながらこの知識レベルからのスタートでした。

とはいえ本気で不動産を探した事のない、一般人は大体の方はこのレベルではないでしょうか(自己擁護)

 

上記の認識が、

最終的に以下の認識に変わり、現実として向き合うことになります。

 

01.家は2000万くらいで買えるでしょ。最低80平米は欲しいな♩

 

A.買えない事もないです。

ただし、首都圏では皆無に等しいでしょう。

検索すれば10件ほど出ますが、突質して安いその物件を買うメンタルはお持ちでしょうか?

マンションに住むだけが目的でない限り、避けるべきだと思います。

 

年収500万の人間としては東京23区は諦めてしまいました。

東京は無理して住むようなところではありません。

あくまで個人の見解です

 

 

02.賃貸を貸してくれた、アパマンショップとかエイブルとかに行けば探せるよね。

 

A.これ恥ずかしながら電話しちゃったんですよね 笑

「うちは賃貸専門なので・・・」と半笑で受け答えされてしまいました。

アットホーム加盟店や東急リバブル等のマンション販売を専門に行っている会社に、

連絡すると案内をしてくれえるので、足を運んでみると良いです。

 

 

03.タワーマンションや設備が充実してるマンションは維持費が高いので避けよう。

 

A.維持費が高いはまあ正解でしょう。

ただしその理由で避けるのはやめましょう。

管理がしっかりされているマンションは価値が落ちにくいので、

表面的な金額以上に最終的には得をする可能性があります。

また、戸数が多い方がマンション経営は安定しますので、

むしろ大勢でプールできる大型マンションの方が管理費や修繕費は、

サービスと比較して安い場合は結構あります。

まずはしっかり自分の目で見て判断しましょう。

 

 

04.修繕費、駐車場費が安い物件が絶対得

 

A.修繕費はマンションに住む以上最終的に必ず支払わなくてはいけない金額です。

個人的に修繕費は当初安くても実際のコストはどこのマンションでも同レベルにかかってくるはずなので、

マンション規模を比較しながら、安すぎるマンションや高すぎるマンションは避けたほうが良いです。

何年か経過後に特別金のような形でまとめての徴収が発生する可能性や、

管理組合が委託している管理会社が中抜きしている可能性が高いです。

 

また、駐車場はマンションの管理組合にとっては大事に収益となりますので、

そこが無料だったり、安価すぎるマンションは要注意と考え、私は避けたほうが良いと考えています。

まともなマンションの管理費は、修繕費、駐車場費で分けられているケースが多く、

修繕費に駐車場料金も含まれている場合、駐車場を使用していない居住者にも負担が行きます。

さらに駐車場のメンテナンスには莫大な金額がかかりますので、それを一般的な管理費の、

12000円~25000円内で運用することは非常に難しいく、

こちらも何年か経過後に特別金のような形でまとめての徴収が発生する可能性が非常に高いです。

 

 

05.新築マンションは初期費用が安いのでコスパが良い、

売るときも築浅の方が売れやすいはず!

 

A.初期費用が安いく、売るときに築浅の方が有利なのは本当です。

ただし、20175月現在、新築マンションの金額は間違いなく高騰しています。

実際の価値以上の金額で売られているマンションを購入すると、

購入した段階で200万~400万ほどの金額が下落する事もありますので、

損得でいると中古マンションとの比較は難しいと感じています。

ちなみに中古マンションも20175月現在、高騰しています

 

後半に続く