30歳、年収500万円、広告屋がマンション購入までにした事

東京のそこそこの企業でWEBディレクター、WEB広告代理業、マス広告企画を行っている経験を曲りなりに活かしながら、生かして情報が錯綜する不動産広告やキャンペーン、営業トークに負けじと試行錯誤した記録をつらつら書いていくブログです。

なぜマンションを買うのか?

f:id:kuroshimaw:20170512220100j:plain

 

「マンション買うのもありだな」

 

その考えが芽生えたのは生まれて30年たってからです。

貯金がある程度溜まって、結婚し、子供がそろそろできるタイミングでふと頭をよぎったのが最初でした。


それまでは特に理想のマイルームのような夢やイメージもなく、

ローンや持ち家はリスクでしかないと考える最近の若者思考でした。

 

 

実際、正しいとも思いますし、リスクを追うのは目に見えていますので、

買わない事もまた大正解です。

 

 

ちなみに私の性格は、コスパ信者でケチと兄弟と奥さんにはよく言われますが、必要なものにはそれ相応の金額を出すタイプで、わからない事があるとなんでも「まずは調べてみよ」と1時間ほど議題に向き合います。

それは仕事柄身についたものでもあります。

 

そんな性格もあり、一度考えたマンションって買ったほうが良いのか、

賃貸のままのほうが良いのか気になってしまい調べ出したのが、

マンションを購入する最大のきっかけでした。

 

今回なぜブログでわざわざ書くのかというと、

仕事柄世に出まわっているマス広告やWEBサイト、パンフレットや様々なキャンペーンの情報を信じて決断をするのが非常に難しいと感じた為です。

大手の不動産関連や銀行、保険のサイトや広告も長年請け負っていたので、口コミや触れ込みの信憑性、などの実態はある程度わかっている中で、

どうしても損得感情のある当事者や売側の目線、業界人視点やプロの視点では、

人生で一番のリスク・お金をかける一般消費者の細かな不安や疑問の解決にはならない事も多くあり、

今回、私がマンションを購入する際に経験した、出来事や無知識の時との心情の変化や判断基準の変化を共有する事で、今後購入される方々の参考になると考え、

ブログを始める事にしました。

 

もちろん素人なので間違いや、勘違いは多々あるかと思うので、

その際はご指摘いただけますと非常にありがたいです。

参考程度に暖かく見舞っていだけると助かります。

 

今後こちらのブログでは、

すでに結論がでているお話ですが、

時系列ごとにマンション購入をするまでのエピソードを紹介して行く予定です。

 

よろしくお願いいたします。