30歳、年収500万円、広告屋がマンション購入までにした事

東京のそこそこの企業でWEBディレクター、WEB広告代理業、マス広告企画を行っている経験を曲りなりに活かしながら、生かして情報が錯綜する不動産広告やキャンペーン、営業トークに負けじと試行錯誤した記録をつらつら書いていくブログです。

マンション内覧体験vol.01 ルピアコート鳩ヶ谷本町

 

f:id:kuroshimaw:20170518100954j:plain

出典:http://www.polus-lepiacourt.jp/hatogaya/

vol.02 マンション購入前との認識や考え方の変化<後編>

f:id:kuroshimaw:20170516192509j:plain

 

前回の続きから、

 

06.戸数が多いマンションはコミニティが面倒くさそうだし、

修繕費も高そうなので避けよう

 

A.これは間違いでしたね。

マンションの管理費や修繕積立金は総戸数が多いほど安くなる傾向にあります。

戸数の少ないマンションでは、1部屋あたりの負担する管理費や修繕積立金が高くなりがちで、支払いが滞って居る人間が居ると途端にプールしている金額に影響が及びますので私は後半には100戸以下のマンションは検討から外していました。

不特定多数の人間が暮らすコミュニティの中で、一人の比重が大きいのは組織として、リスク管理が行き届いていないと言えるでしょう。

200戸のマンションも、50戸のマンションも、管理人の人件費に差は無いですし、マンションの規模が大きければその分修繕工事の総費用も高くなりますが、それでも200人で負担するのと、50人で負担するのとでは1人当たりの負担額は違います。

マンションに住む限り、どうしても毎月の管理費や修繕積立金が負担となるので、そういった点は要確認です。

また、コミニュティについては、新築時からのママ友等以外は挨拶をする程で、

そこまでコミニケーションも取らないと思うので、そこまで気になさらないで良い気がします。

 

07.自分なら中古で他の人が見逃している、

掘り出し物の物件を見つけられるかも!

A.個人的には結局夢物語でしたね。

良い物件は基本は早い者勝ちです。

本当にすぐ売れてしまいますし、

市場に出る前に売れてしまうケースもあるようです。

 

内覧は居住者が居る状態で申し込まないと、

まず良質な物件ほどすぐに消えてしまいますので、

先に購入候補のマンションを絞った上で、

空が出たらすぐに報告してもらえるよう、

仲介業者にお願いしておくか、張り込みのようにずっとネットで待ち構え、

出た瞬間に応募するようにしましょう。

 

 

08.自分なら妥協できるポイントがあり、それが原因で売れていない物件は買い!!

私も自分なら…的なポイントは複数ありましたが、

一生ここに住む前提でなら良いですが、

売り手に回った時に苦労するポイントがある物件には、

やはり足がすくんでしまいます。

 

09.マンションは狭いし戸建てなら土地も残るから値段が同じなら、

コスパは戸建ての方が良いはず

個人的には、一生住むなら戸建、転売や移動が想定できるのであればマンション!

といった考えに今はいたっています。

中古の戸建を売る労力は並大抵ではありません。

私も1年前に数件内覧しましたが、そのほとんどが今も売れていないですし、

めちゃくちゃ良いと感じた2階建の一軒家は、

400万近く値下げされた現在も売れていません。

 

10.山手線の中側はさすがに無理かな~

A.無理でした 笑

少なくとも世帯年収が手取りで1000万を超えているレベルで、

ようやく検討して良いのが山手線の内側。

私個人としては「一般社員は東京に住むな!!」と言われている気がするほど、

現状の不動産の価格は上昇しています。

 

 

以上となります。

 

もちろん人によって不動産やマンションについての認識はまちまちだと思いますので、

あくまで私のスペックや経験からくる個人の意見ですので、

ご参考程度に捉えていただけるとありがたいです。

 

vol.01 マンション購入前との認識や考え方の変化<前編>

f:id:kuroshimaw:20170515200058j:plain

 

みなさんもこれまで生きてきた中で、

何となく形成されてきた持ち家を持つことに対しての、

考えや印象などがあるかと思います。

 

今回は、私がマンションを探し始める前に抱いていた、

認識の変化や考え方の変化のお話をしたいと思います。

 

◼︎当初の認識と理想

01.家は2000万くらいで買えるでしょ。最低80平米は欲しいな♩

02.賃貸を貸してくれた、アパマンショップとかエイブルとかに行けば探せるよね。

03.タワーマンションや設備が充実してるマンションは維持費が高いので避けよう。

04.管理費、修繕費、駐車場費が安い物件が絶対得

05.新築マンションは初期日が安いのでコスパが良い、売るときも築浅の方が売れやすいはず!

06.戸数が多いマンションはコミニティが面倒くさそうだし、修繕費も高そうなので避けよう

07.自分なら中古で他の人が見逃している、掘り出し物の物件を見つけられるかも!

08.自分なら妥協できるポイントがあり、それが原因で売れていない物件は買い!!

09.マンションは狭いし戸建てなら土地も残るから値段が同じなら、コスパは戸建ての方が良いはず

10.山手線の中側はさすがに無理かな~

 

恥ずかしながらこの知識レベルからのスタートでした。

とはいえ本気で不動産を探した事のない、一般人は大体の方はこのレベルではないでしょうか(自己擁護)

 

上記の認識が、

最終的に以下の認識に変わり、現実として向き合うことになります。

 

01.家は2000万くらいで買えるでしょ。最低80平米は欲しいな♩

 

A.買えない事もないです。

ただし、首都圏では皆無に等しいでしょう。

検索すれば10件ほど出ますが、突質して安いその物件を買うメンタルはお持ちでしょうか?

マンションに住むだけが目的でない限り、避けるべきだと思います。

 

年収500万の人間としては東京23区は諦めてしまいました。

東京は無理して住むようなところではありません。

あくまで個人の見解です

 

 

02.賃貸を貸してくれた、アパマンショップとかエイブルとかに行けば探せるよね。

 

A.これ恥ずかしながら電話しちゃったんですよね 笑

「うちは賃貸専門なので・・・」と半笑で受け答えされてしまいました。

アットホーム加盟店や東急リバブル等のマンション販売を専門に行っている会社に、

連絡すると案内をしてくれえるので、足を運んでみると良いです。

 

 

03.タワーマンションや設備が充実してるマンションは維持費が高いので避けよう。

 

A.維持費が高いはまあ正解でしょう。

ただしその理由で避けるのはやめましょう。

管理がしっかりされているマンションは価値が落ちにくいので、

表面的な金額以上に最終的には得をする可能性があります。

また、戸数が多い方がマンション経営は安定しますので、

むしろ大勢でプールできる大型マンションの方が管理費や修繕費は、

サービスと比較して安い場合は結構あります。

まずはしっかり自分の目で見て判断しましょう。

 

 

04.修繕費、駐車場費が安い物件が絶対得

 

A.修繕費はマンションに住む以上最終的に必ず支払わなくてはいけない金額です。

個人的に修繕費は当初安くても実際のコストはどこのマンションでも同レベルにかかってくるはずなので、

マンション規模を比較しながら、安すぎるマンションや高すぎるマンションは避けたほうが良いです。

何年か経過後に特別金のような形でまとめての徴収が発生する可能性や、

管理組合が委託している管理会社が中抜きしている可能性が高いです。

 

また、駐車場はマンションの管理組合にとっては大事に収益となりますので、

そこが無料だったり、安価すぎるマンションは要注意と考え、私は避けたほうが良いと考えています。

まともなマンションの管理費は、修繕費、駐車場費で分けられているケースが多く、

修繕費に駐車場料金も含まれている場合、駐車場を使用していない居住者にも負担が行きます。

さらに駐車場のメンテナンスには莫大な金額がかかりますので、それを一般的な管理費の、

12000円~25000円内で運用することは非常に難しいく、

こちらも何年か経過後に特別金のような形でまとめての徴収が発生する可能性が非常に高いです。

 

 

05.新築マンションは初期費用が安いのでコスパが良い、

売るときも築浅の方が売れやすいはず!

 

A.初期費用が安いく、売るときに築浅の方が有利なのは本当です。

ただし、20175月現在、新築マンションの金額は間違いなく高騰しています。

実際の価値以上の金額で売られているマンションを購入すると、

購入した段階で200万~400万ほどの金額が下落する事もありますので、

損得でいると中古マンションとの比較は難しいと感じています。

ちなみに中古マンションも20175月現在、高騰しています

 

後半に続く

なぜマンションを買うのか?

f:id:kuroshimaw:20170512220100j:plain

 

「マンション買うのもありだな」

 

その考えが芽生えたのは生まれて30年たってからです。

貯金がある程度溜まって、結婚し、子供がそろそろできるタイミングでふと頭をよぎったのが最初でした。


それまでは特に理想のマイルームのような夢やイメージもなく、

ローンや持ち家はリスクでしかないと考える最近の若者思考でした。

 

 

実際、正しいとも思いますし、リスクを追うのは目に見えていますので、

買わない事もまた大正解です。

 

 

ちなみに私の性格は、コスパ信者でケチと兄弟と奥さんにはよく言われますが、必要なものにはそれ相応の金額を出すタイプで、わからない事があるとなんでも「まずは調べてみよ」と1時間ほど議題に向き合います。

それは仕事柄身についたものでもあります。

 

そんな性格もあり、一度考えたマンションって買ったほうが良いのか、

賃貸のままのほうが良いのか気になってしまい調べ出したのが、

マンションを購入する最大のきっかけでした。

 

今回なぜブログでわざわざ書くのかというと、

仕事柄世に出まわっているマス広告やWEBサイト、パンフレットや様々なキャンペーンの情報を信じて決断をするのが非常に難しいと感じた為です。

大手の不動産関連や銀行、保険のサイトや広告も長年請け負っていたので、口コミや触れ込みの信憑性、などの実態はある程度わかっている中で、

どうしても損得感情のある当事者や売側の目線、業界人視点やプロの視点では、

人生で一番のリスク・お金をかける一般消費者の細かな不安や疑問の解決にはならない事も多くあり、

今回、私がマンションを購入する際に経験した、出来事や無知識の時との心情の変化や判断基準の変化を共有する事で、今後購入される方々の参考になると考え、

ブログを始める事にしました。

 

もちろん素人なので間違いや、勘違いは多々あるかと思うので、

その際はご指摘いただけますと非常にありがたいです。

参考程度に暖かく見舞っていだけると助かります。

 

今後こちらのブログでは、

すでに結論がでているお話ですが、

時系列ごとにマンション購入をするまでのエピソードを紹介して行く予定です。

 

よろしくお願いいたします。